プロポリスの味について

プロポリスはミツバチ由来の、天然抗生物質とも呼ばれる食品。
さまざまな薬理効果のほか、生活習慣病やガンの予防、その他細菌による感染症を防ぐものとして世界中から注目されています。

しかし、プロポリスそれ自体はあくまで植物由来の樹液から生成されているため、苦味や渋さが感じられ、原液そのままでは飲みにくいところがあります。
最も手軽なものとしてはプロポリスエキスが配合されたキャンディーやサプリメントですが、これも人によっては合う、合わないがあるかもしれません。

プロポリスの効果をじかに感じられるものはやはりエキス(原液)です。
殺菌作用があるエキスのため、口に入れた瞬間から苦さや辛さのような刺激を感じますので、本来ならばお茶や牛乳、ジュースなどすでに味がついた飲み物に混ぜる方が良いのですが、エキスをそのまま口にしたいという方には特殊技術によってプロポリスの中に含まれているロウを取り除いた「ワックスフリータイプ」などが良いでしょう。
ワックスフリータイプはプロポリスのもつクセをさらに少なくしているので、元の液体よりも口に入れやすくなっています。

また、プロポリスを食品としてそのまま体内に取り入れるのではなく、歯磨き粉やボディソープ、ヘアスプレー、あるいは喉用のスプレーなどを使用するという方法もあります。
歯磨き粉であれば口の中を清潔に保ってくれますし、喉のスプレーは風邪やウイルスの侵入を予防してくれる効果があります。
また、洗顔料やボディソープなどはお肌や毛穴など人間の表皮をきれいに保ってくれますので、どうしても口に合わないという場合はこちらを試してみるのもおすすめです。

味が嫌いな方にはサプリメントを使って、苦味を感じることなく体内に取り込む方法もあります。
プロポリスで免疫力をつけることによって風邪を予防し、いつも健康で活動的に動ける身体づくりが出来ますから、色々な製品を試してみて、一番自分にあったものをチョイスすると良いでしょう。